まぐねしうむ

0
    今年最後のお仕事。

    車検場で積込み中に気が付いたけど、マグのドラムパネルって・・・
    ちなみに前後ともです。
    XR500 スゴッ!


    JUGEMテーマ:車/バイク 

    ハズレ無し!

    0
      写真はCBR1000RRのユニットプロリンクです。
      600RRも含めて、リンクを分解した車両は必ずリンクプレートがアームとショックユニットに接触して痕跡が残ってるんですよね・・・
      たった数台程度ですが全てアタリが出てます。
      これが年末ジャンボなら・・・


      組立て時に位置を調整しても力が掛かるとアームが逃げてプレートに接触します。
      そうすると、アームに押されたプレートの反対側プレートが引っ張られてショックユニットに接触するんです。
      つまり斜に接触痕が出来るわけです。

      なんともお粗末な話ですよ。。

      アームに圧入してあるベアリングとカラーのガタが大きいことが原因なのですが、この精度を上げようと思うと、カラーを作り直して必要ならアキシャルベアリングを入れる事になり簡単な話ではなくなってしまいます。
      困ったもんです・・・
      気にしなくてもいいのかもしれませんが、せめてもの対策として樹脂ワッシャー(手作りなので大層なものではないですが)を作ってリンクプレートとアームの間に挟み込みます。
      これでアキシャル方向の動きを規制でき、接触しても樹脂なので逃げてくれます。
      まぁ気休め程度ですけどね。

      近年のホンダ車ってこのあたりの設計と精度管理、ブラッシュアップが甘い気がします・・・

      JUGEMテーマ:車/バイク

      便利です

      0

        グリースをシリンジに入れると工具箱に入れておけて便利なんですよ。
        チョイ出しでも手が汚れにくいですし、ベアリングの隙間に押し込んだりと使い勝手がよいのです。
        でも気温が低くなると硬くなって出にくくなるのが玉にキズですけど。。

        もともとはAUTO STUDIO SKILLさんがシルコリンの製品を個人ユーザー向けにこうして売ってたんです。
        これはお客様からメンテ用のケミカルを一式揃えて!ってお願いに応じてウチで使っている分から詰めました。
        個人でキロ単位のカップ入りグリースはそうそう使い切れないですからね。
        写真はそれぞれ50cc分ですが、これでも使い切るのに一年以上かかると思います。

        JUGEMテーマ:車/バイク

        気持ちえぇぇぇ〜

        0
          CBR600RR用に純正カウルに仕込むアンダートレイをワンオフしちょります。

          カウルを仮組みしたところに目張り状に型を組みましてクロスを張り込んであります。
          でもって、

          スポンっ!と外します。

          フチをカットして気泡の入ってしまったところをポリパテで埋めてトップコートを塗れば完成です。
          いまどきのデザインは開口部分が多いので目張りに苦労しました。


          JUGEMテーマ:車/バイク
           

          はうぁ!

          0
            ドラッグスター400の単なるタイヤ交換のはずが・・・
            アクスルシャフトが抜けやしない・・・

            おかげで

            フロント全バラ〜
            ステムごとフロント周りを抜き取って引っ叩く

            はうぁ( ゚Д゚)

            シャフトと右側ホイールベアリングが中でサビ固着しとりました・・・

            JUGEMテーマ:車/バイク
             

            こんなワンオフも

            0
              FRPカウル用のスクリーンを作ったPET樹脂の端材を高速カッターの砥石サイズに円く切り抜きます。


              なんやかんや穴を開けたりすると・・・



              自転車のチェーンガイドになるわけです。
              ここだけの補修部品ってまず売って無いですから、サクッと作りました。



              これでもうしばらく安全に乗れます。
              よかったね〜

              JUGEMテーマ:車/バイク
               

              ストレーナはかく語りき

              0
                キックの異常?でお預かり中の車両をバラしたところ、ストレーナに繊維クズがミッチリと・・・

                部品洗浄後に布ウェスを使ったんですね。
                布がダメなわけじゃないのですが組み前にエアブローで飛ばさないと想像以上に残っているもので。
                もっとひどいとガーゼ?ってぐらい張り付いていることも。

                フィルターになっていいじゃん!とか言わない。。。。

                JUGEMテーマ:車/バイク

                よくできました

                0
                  今週のカミさんはミニのタイヤ交換です。

                  リアを使ってやり方をレクチャーし、フロントは一人で。
                  ホイールからタイヤを外すところで四苦八苦してましたが、そこ以外はスムーズにやってました。
                  思いのほかサクサク出来てたのでこれからは任せても大丈夫そうかな?

                  JUGEMテーマ:車/バイク

                  300日耐久レーサー

                  0
                    メール便配達でほぼ毎日のようにご近所を走り回っているCUBさん。

                    市内どころか町内のみで5年ほどで5万キロ突破のつわものなんです。
                    2年位前からエンジンのオイル上がりが始まり、最近では2ストよろしく煙を吹きながら走ってました。
                    エンジンのオーバーホールをお奨めしていたものの、丸一日すら休めることがなかなかできずだましだまし使っていただいていました。
                    それでもついにエンジンがお亡くなりに・・・
                    人手が足りないそうで、預かれるのは一日のみ。
                    エンジンは例の事故車CUBから降ろした中古エンジンをオーバーホールしていたので、それをガチャコンと行く予定ですが、オイルを拭きっぱなしで走っていたようなものなので、マフラーは堆積物でほぼ詰ってます。。
                    例の事故車についていたマフラーは社外品でウルサイため残念ながら使うわけには行きません。
                    洗浄作業が間に合えばよいのですが・・・

                    昨日の夕方に預かって、エンジンへの積み替えと半生カーボンで詰まりまくったマフラーの洗浄(あまりにグロい?ので写真を撮る余裕はありませんでした)、その他メンテナンスを突貫で終わらせ試走確認まで完了し本日の夕方に納車しました。
                    マフラーは交換しても良いくらいでしたが、どうにか貫通に成功したので引き続き使ってもらいます。
                    フレームもくたびれてきているもの、これで2、3年は延命できましたかね。
                    いやはやサーキットのレーサー以上にシビアなメンテでした。


                    JUGEMテーマ:車/バイク 

                    ちゃんとつけないと・・・

                    0
                      耐久茶屋に出場されたお客様の車両のメンテ中に気が付いたので。
                      真正面


                      エンジン側から

                      誤解なきように前置きますが、決して製品の問題ではないです。
                      お客様自身の手で取付されていたのですが、クランプ部分が左右で捩れたまま取り付けてしまっていたようです。
                      この製品はスタビライザーがでしゃばり過ぎないようにあえて樹脂製の連結プレートにしていると思うのですが、その柔軟性があだとなってねじれたまま着いてしまっていたようで。。
                      バラす段階からプレートを固定しているボルトが異様に渋かったのでアクスルを抜いてから外しました。
                      こういう事だったんですね。

                      Kさん
                      破損など無く耐えてくれていましたのでちゃんと組み直しました。
                      ご安心ください。

                      私は他社製のアルミ削り出し品をテスト使用したことがあるのですが、締め付け具合によってアウターチューブを反らせてしまうことがあり、製品精度への依存度が高すぎて使うことをあきらめました。
                      理屈的には良いはずなんですがねぇ・・・

                      明日エンジンが組みあがったら試乗チェックするのでスタビの感触がどんな具合かチョット楽しみです。
                      不便もありますが、気軽にメンテ後の確認が出来るのって街乗り兼用の特権ですね。

                      JUGEMテーマ:車/バイク


                      calendar

                      S M T W T F S
                      1234567
                      891011121314
                      15161718192021
                      22232425262728
                      293031    
                      << July 2018 >>

                      Sponsor

                      Contact

                      記事の内容についてや作業のご依頼はinfo@workshop-hrd.comまでお願いします

                      facebook



                      selected entries

                      categories

                      archives

                      recent comment

                      links

                      profile

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM