これからかな?

0
    CBR150です。
    もう細かい説明は不要ですかね。

    オーナーはこれまでDE耐、茶耐などでの走行経験はあったものの本格的なレースデビューを目指し、街乗り車だった車両をレーサーにするために車両作成をお任せいただきました。

    既にFRPシートカウルは受け取っていたので本日フィッティングをして見ましたが、これが驚くほどシート高が高い。。。
    身長165cmの私が作業着で跨って膝がほぼ伸びきります。レーシングスーツを着てブーツを履いたら両足ツンですね。オーナーさんは150cmソコソコの女性なのでこれはいただけません。

    CBR150は元々からシート高が低くは無いのですが、座面がFRPで固くなったことにより更に足つきが悪化してしまいました・・・

    サスペンションで下げる方法もありますが、MFJレディースカップが当面の目標なのでスペシャルにするわけにはいかずカウルの切った張った開始です。

    取りあえず簡単な加工で20mmくらいは下がりました。
    んが、この先となるとガッチリ加工しないと難しいのですが、潜在的には更に下げられそうなのでもっと頭をひねってみます。
    もっと大変そうなのがステップ周りなのですが、こちらはまた次の機会に。


    さて、このCBR150ですがパッケージとしてはとても魅力的ですよね。
    ですが既存の多くのレースレギュレーションに当てはめようとすると中途半端になってしまいます。
    相当に腕に自信のあるライダーなら筑波TTのNS2も面白そうですが、ミニバイクのカテゴリーでは排気量オーバーでオープンクラスには出られません。(ERF125は別として)
    でも大人のロードコース入門用、キッズのステップアップ用として最適だと思うんですよね。
    15、6馬力程度のエンジンに重くてソコソコのフレーム、細いタイヤ。
    コーナリングスピードを高くしなければタイムが出ないバイクですので、大排気量車になれきった大人にとってはかなりの難物です。
    キッズにとってもこれまで乗っていたNSR−mini系よりも思い車重とだるいレスポンスのエンジン。
    ライダーの修行にはもってこいです。
    実際にスクールでも使っているのですから、後進の育成のためにもレースカテゴリーを増やしてもらいたいものです。
    でも純正部品の流通の悪さやアフターパーツの少なさ。いかんともしがたいです。
    NSFも良いけれど・・・頼みますよメーカーさん!


    ポチッとな!
    人気ブログランキングへ

    関連する記事

    calendar

    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << July 2018 >>

    Sponsor

    Contact

    記事の内容についてや作業のご依頼はinfo@workshop-hrd.comまでお願いします

    facebook



    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM