お祭りの後は

0
    しばらく更新が滞っていましたが、仕事はしてましたよぉ。
    でもってDE耐出場車両のメンテナンスの話題でも。
    エンジン関係はショップブログでは良く見かけると思うので、私の得意分野の車体について書きますね。

    17日出場の93号車(ロッソ号)ですが、ヒーローしのいM&M耐久の第1戦、DE耐と雨走行が続いた事もありエンジンフルオーバーホール+車体の完全クリーンナップとなりました。
    ま、今年になって何故か需要が増えているクラック補修の溶接仕事もあったので完全バラシの必要があったんですがね。
    このクラックの話ですが、DE耐の直前走行の金曜日に、ロッソ号の古巣であるGood Speedさんから右上のエンジンマウントにクラックが出やすいとの情報を頂いてたんです。
    ロッソ号は今のところ問題なさそうです〜 なんて軽く応えていたのですが、よーく見ると上側の溶接継目に悲しいヒビが・・・
    幸い?なのかクラックは上面だけでとどまっており、本戦走行後も目立った成長は見られませんでしたがドキドキヒヤヒヤでした。


    写真は溶接補修後ですが、マウントの形状に問題が有るようです。
    これはドリームだけでなくNSFの右側下のマウントも同様の構造であり、マウントが折損しましたからね。
    3シーズン目のXRではフレームに関するトラブルは出ていませんので、むしろ一枚板のマウントの方が振動や応力が逃げやすいのかもしれません。


    フレームはスイングアームからステムベアリングまで全て分解して清掃、ベアリングレースとホイールベアリングの打ち換え、各部グリスアップを済ませて仮組みをした状態です。
    この後エンジンを積んで基礎重量をかけた状態でスイングアームピボットの締め付け、リアショックの締付けを行います。
    私はこの順番で組まないとフレームはエンジン重量によるタワミが出る前に締まることになるのではと思うんです。
    大した差は無いのかもしれませんが、私の勝手なこだわりです。。
    なおステムはシェイクダウンの後で増し締めします。

    多くの方がレース前はせっせとメンテナンスや改造をする割に、レース後はほったらかしにされています。
    雨走行の後は問答無用ですが、レース後の全バラメンテナンスはとても重要です。今回のようなクラックの発見にも役立ちますし、各部の劣化を見つけたりトラブルを未然に防ぐために重要な事なんです。
    私はむしろレース後のメンテナンスの方が長くレースを楽しむためには大切と考えています。
    ちなみにミニのレーサーであれば20000円〜(部品代別)で作業を行っています。
    17日に出場された方々いかがですか?

    さて、ただメンテだけではなく今回はポキポキ折れるシフトペダルの改修も行いました。
    他車流用でスチール製のペダルにしました。これでそう簡単に折れる事は無いでしょう。

    構造上バックステップに替えにくいのでノーマルの構造で流用できるパーツを探してみました。
    ドリームは専用部品や独自構造も多いのでモディファイには創意工夫が必要になりますが、そこが楽しさでもありますね。
    ちょっと深みにはまりそうです。

    サボっていたらランク外(爆)
    ポチッとな!
    人気ブログランキングへ


    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30      
    << September 2018 >>

    Sponsor

    Contact

    記事の内容についてや作業のご依頼はinfo@workshop-hrd.comまでお願いします

    facebook



    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM