ヒーローしのい M&Mミニ3時間耐久 (本編3)

0
    だいぶ引っ張ったM&M耐久レースレポートもこれで最終回です。

    いよいよレーススタートです。

    耐久では恒例のル・マン式。緊張のせいか U 選手回りこんで乗り込んでました。。


    ゆえにこんな感じ。。。

    しかしホームに戻ってくる頃には3番手に浮上。2周目にはカムイさんの第1ライダーとトップ争いを始めます。
    路面は雨が止んでいる為に水がはけていく状況、タイヤやばいです・・・
    ただスタート前に48秒アベレージ走行でとの指示を出していたこともありブッチギリモードには入らず、バックマーカーの影響で順位を入れ替えつつ周回を続ける状態です。

    路面がよくなり始めているとは言え、スタートから15分経過したあたりで赤旗掲示。
    転倒した車両を回収するための赤旗でした。このあたりから再び雨が降り始めました。
    回収作業が終わり、マーシャルバイクを先頭にコースインしてフォーメーションラップ1周の後に再スタート。

    リスタート5分もしないうちに再びの赤旗です・・・
    今回はピットロード上でしばらくまたされます。おそらく路面の確認作業も行われているのでしょう。
    幾ら雨とは言えチョット転倒車が多すぎます。
    その後5分程度の待機の後に2周のフォーメーションラップをしてリスタート。
    モニターで確認すると、この時点で後続に2周のリードをつけていました。このままリードを縮めることなく無事に走りきるだけで十分です。
    U 選手は淡々と危なげなく持ち時間分の走行をこなし、第2ライダーの H 選手にバイクを渡します。

    H 選手の走行順で雨がいよいよ本降りになり、中古BSレインにとって格好の路面状態になりました。
    が、ココでteamロッソの R 選手(私のかみさん)がS字で転倒しているとの情報が。。
    3度目の赤旗か?と思っていると黄旗で軽トラが介入してドナドナされてきました。
    損傷は大した事なさそうで、サインボード係の私に代わって、ライダー交代を済ませていた N 選手(旦那)がシフトペダルの修復作業を行ってくれました。(ありがとうございました!)
    その間も H 選手はイブシ銀の走りで時間を消化していきます。後続のカムイさんへのリードは5ラップに広がっていました。
    H 選手の走行時間残り10分ほどで再びカムイさんは第1ライダーを投入。しかし、この時点でのビハインドと本降りの雨からか大きくラップタイムを上げてくることなく、守りの走りに徹している様子です。
    無事に持ち時間を走りきった H 選手にPサインを出し、 I 選手への交代となります。念のために給油を行い、コースへと送り出します。
    先ほど交代した H 選手が気を使ってサインボード係を代わってくれました。
    応援に駆けつけていた U 選手のお父さんとレストハウスで遅い昼食を頂きます。レストハウスはコースサイドにあるものの、コンクリートブロックの切れ目から一瞬通り過ぎるバイクが見える程度。
    それでも排気音は聞こえてきます。
    お父さんとレース展開について話をしながらカップめんをすすり通り過ぎるバイクの音を聞いていたのですが、本降り状態のため殆どのバイクがドライに対して一段低い排気音と思える音で通り過ぎていきます。んが、 I 選手はドライ走行と変わり無いような高い排気音で通り過ぎていきます。
    やっぱり流石です。
    お父さんは「タイヤ大丈夫ですかねぇ」と苦笑気味。。
    10分ほど休憩して、モニターで状況を確認するとリードは7周に広がっていました。
    時間にして約5分はあります。

    その後も危なげなく(実は危なげあったようですが。。)時間を消化し、残り30分で再び U 選手にXR−ESを託します。
    転倒でも無い限り、ひっくり返る事は無いリードですから52秒アベレージまでタイムを落として良いとの指示を出してコースに送り出します。

    15分前から5分間隔でサインボードを出してカウントダウンをしたのですが、残り5分のサインを出すとラップタイムが2秒上がり49秒台に。。
    気持ちに素直すぎだってば。。。
    そしていよいよ3時間の戦いに幕が・・・

    ガッツポーズしても良いんだぞ〜


    総ラップ数185ラップ、クラスのみならず総合でもブッチギリの優勝です。転倒を含めレース中のトラブルは一切なく無事に走りきれた事、何より U 選手のトータル90分に及ぶ頑張りが大きな勝因でしょう。
    お疲れ様!そしておめでとう!

    後日談
    写真をなくしてしまったのですが、、ゴール後の中古BSレインはリアの右側がほぼ丸ボーズでした。これでよく最後の最後でラップが上がったものです。。


    Teamロッソの皆様
    A 選手 1人ぶっ通し90分耐久お疲れ様でした!

    H 選手 上位クラスを喰う走り熱かった♪

    R 選手 ピットからル・マン式大変だったね。。


    Team 3/4
    N 選手(旦那) 二日酔いだけど不屈の闘志お見事でした!

    Y 選手 フードをなびかせての疾走カッコよかったです!

    N 選手(新妻) 無事走り切りホッとしました。早く骨をくっ付けて下さいね!


    転倒ハットトリックも有りつつでしたが、皆様無事に完走できて何よりでした。
    次回5月10日は4時間になるようですが、年間チャンプに向けてより一層頑張りますよぉ!
    そしてロッソ&3/4の皆様はDE耐が待っていますね。何はともあれ良いレースにしましょう!

    ポチッとな!
    人気ブログランキングへ


    calendar

    S M T W T F S
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << May 2018 >>

    Sponsor

    Contact

    記事の内容についてや作業のご依頼はinfo@workshop-hrd.comまでお願いします

    facebook



    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM