SP100って難しい・・・

0
    このところチョット思うことなのですが、ミニバイクでのSP100って聞いて簡単ポンでレギュレーションが思い浮かぶ方ってどのくらいいらっしゃるのでしょう?
    私としてはSP100=桶川のライスポカップのSP100カテゴリーであり車両規定も桶川レギュレーションに準じます。東日本まるち杯でのSP100も基本はマンマ桶川のライスポカップから持ってきているので同じですね。
    でもMFJ規定のような全国統一レギュレーションではないので困ります。。
    全国各地のミニバイク・カートコースで開催されている極小規模なローカルレースまで含めるとSP100のカテゴリー名でありながらエンジンまで手を入れてもOKな場合もあるようです。
    おそらく便宜上SP100って呼んでしまっているのでしょうね。
    私が勝手に言っているOPEN100(DE耐レギュ)並にいじれるのにSP(スポーツプロダクション)ってのは如何なものか・・・
    ん?SPはSpecialの略だったりして!?

    追伸?
    そうそう、去年末から時折お問い合わせを頂いていたDE耐向けのOPEN100エンジンの量産仕様が固まりました。
    後日、本家にも特設ページを作成しますが速報です。

    09DE耐HRDスペシャル
    コンプリート仕様 22万円
    コストダウン仕様 18万円
    ライトチューン仕様 15.5万円
    補足
    ・APE100/XR100モタード等の縦型100ccエンジンのベースエンジンが必要になります。
    ・全て部品代と工賃込みですが、ベースエンジンの状態によっては追加部品が生じますのでご了承ください。
    ・各仕様共にオイルクーラーキット(武川製4F5Lコア+強化ポンプ+Dream50クラッチカバー 55500円)が含まれます。
    既にオイルクーラーを装着済みの場合には除外する事も可能です。
    ・使用するマフラーとキャブレターによって多少の内容変更を行う場合も有ります。
    詳しくはinfo@workshop-hrd.comまで問い合わせください。

    関連する記事

    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << August 2020 >>

    Sponsor

    Contact

    記事の内容についてや作業のご依頼はinfo@workshop-hrd.comまでお願いします

    facebook



    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM