王様の耳はロバのみみー

0
    あーもう、井戸があったら叫んでやりたいって気分です。
    滅多に受けないカスタムビッグスクーターのお仕事中にどうしても叫びたくなりまして。

    そもそもは放置によりエンジン掛からず&健康診断の季節?仕事の依頼から始まりました。
    例に漏れず、外装一式、前後ホイール、ブレーキマスター&キャリパー、前後ローダウンキットと、チャイナパーツてんこ盛りです。でも何故かマフラーはモリワキ製・・・不思議だ。
    あぁ、怖いなぁって思いながらキャブさんバラしてエアエレメント点検してなんてやりながら、ふとリアホイールを掴んで軸方向に力をかけると、ガタガタです・・・・
    ナニコレ???
    ま、、点検作業でホイールバラすけどさ。
    エンジンの始動確認をさっさと済ませてマフラー外しーので、ホイールナットをエアレンチでガガガっと・・・・回らない!?
    仕方ないので潤滑剤を浸透させてメガネレンチかませてハンマーでひっ叩きます。(工具さんゴメンネ)
    5回ほど叩いてどうにか回ってくれたのでスイングアームを・・・・外れない・・・・

    なんなんーーー(怒
    人力でも、ベアリングプーラーでもこれ以上出てこないのでオーナーさんに電話します。
    部品を調べてみれば、この年式のスイングアームはメーカー欠品してたので破壊するわけにはいきません。そもそも9000円近くするし。
    事情を説明して最悪掛かるであろう部品代と工賃を説明してOKを貰いました。
    ダストシールを外してリューターで慎重にシャフトを削ります。
    写真では分かり難いですが、写真中心の外径が変わるところの角が落ちているの分かりますかね?
    インパクトでバカ締めしたせいで角が潰れて鍔状になりベアリングが引っかかってたのをテーパーに削ったわけです。
    そしてガタの正体はというと、

    スプラインの削れです。
    チャイナだから・・・って言っちゃえるのですが、真犯人は

    カラーです。
    こやつ純正ではないんですよ。
    純正は段付きでホイールの面を押すようになってるはずです。
    でもこやつはこともあろうにスプライン部分のエンド、テーパー面になっている部分を押してるんです。

    ご丁寧にテーパー加工済み。。。。
    そりゃ押せませんよ・・・ってか喰い込んで締めしろ変わっちゃう。
    しかもスプライン勘合のホイールナットをエアレンチで締めちゃダメだし、この構造があいまってシャフトの角を潰したわけね。

    ググルと同症状(ガタツキ)の記事が幾つか出てきます。
    つまりはよくあることのようですが、これ新品組むときに気が付くはずだけどな。
    手元に純正部品があるはずだし。

    なんでかなぁ、超有名ホンダディーラーさん、こういう仕事しちゃ(させちゃ)ダメだよ。
    認証持ちでしょ?
    最悪死ねるよ。これ。
    フロントも4000kmの走行距離でステムベアリングがガコガコになってたし。

    真っ当なバイク屋さん、お願いだからチャイナパーツを組み込むの止めましょ。
    理解して対処できるならまだしも、つるしで組みっ放しは無しだよ。
    ユーザーが求めるからってのは理由にならないって・・・
    ギリギリ経営のオレだって断ってるのだからさ。


    JUGEMテーマ:車/バイク

    コメント
    まぁ、うちの商品は・・・
    新品で・・・
    これ以上のレベルですが・・・
    • konno
    • 2013/06/04 1:50 PM
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << August 2020 >>

    Sponsor

    Contact

    記事の内容についてや作業のご依頼はinfo@workshop-hrd.comまでお願いします

    facebook



    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM