しっくり来るなぁ

0
    本日は、もう当店ではおなじみになりますがZRX1200RのRECS施工してました。

    今日は初夏の陽気で、そろそろ冷却が大変になってきました。

    施工後の試乗が楽しかった。
    久々に900R系列に乗りましたが、やっぱりシックリ来るんですよ。
    ホームページ側に写真を上げていますが、ニンジャは車歴の中で一番長くて一番思い出の多いバイクでした。
    とはいえ手放してからもう10年以上、その間に一度だけ借り物のZZR1100(OK君その節はアリガトウ!)でツーリングに出かけたことがありましたが、ほぼ乗っていませんでした。
    乗り出した瞬間、ロール軸が高い!
    ハンドルで操作してしまう。。。
    あぁ、、身体がいまどきのSB(スーパーバイク)に馴らされちゃってますね・・・
    でも乗って数キロで手足感覚が戻ってきました。
    軸は高いのではなく、操作位置が高いんですね。
    むしろ軸はいまどきのバイクよりも低いかも。
    足回りもフレームも柔いのですが、それが旋回の溜めになっていて、人間(わたし)に操作の主導権がある。
    スラローム的な動きもアクセルとブレーキで柔い脚をグイグイとピッチングさせて操作する。
    いやぁ、楽しいなぁ。
    低速でもソコソコでも行きたいところに乗り手がバイクを連れて行く感覚が久々で新鮮でした。
    SBだと凡人の私ではバイクが先に行ってしまって自分が後から帳尻を合わせる感じになるんですよ。
    アクセルで合わせるってよりも加重で抑えなければならなくて、バイクに身体鍛えろっ!て言われているようで。。

    さて、実を言えばZRX1200Rは初めて触ります。
    1100までは素人とはいえ一生懸命勉強してたんですがね。。
    で、作業中に気が付いたのですが、

    妙に分厚いトップキャップと妙に出っ張っている負圧バルブ・・・・

    こういうことですか。。

    単純だけど確実に効きますわな。
    どうせカムや点火も違うのでしょうけれど、CVKのままで行くなら部品交換してフルパワー化したいところですね。
    国内仕様とは言え売るほどトルクありますからフラットバルブは要らないかな。
    むしろ楽しんで走るには負圧キャブの方が気楽ですよ。。


    JUGEMテーマ:車/バイク

    関連する記事
    コメント
    >アクセルで合わせるってよりも加重で抑えなければならなくて

    スーパースポーツはまさにこれですね(^^;

    わたくしも凡人なので、しょっちゅうバイクに弾き返されて荷重抜けしてます(汗)
    • TOTO
    • 2013/05/25 11:04 PM
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << May 2018 >>

    Sponsor

    Contact

    記事の内容についてや作業のご依頼はinfo@workshop-hrd.comまでお願いします

    facebook



    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM