RECS モンスター696編

0
    当店ではおなじみのワコーズ RECS (Rapid Engin Cleaning System)施工作業です。
    今回はモンスター696への施工でございます。

    別に募っているわけでもないのですが、不思議とモンスターのお客様が多いですねぇ。

    走行距離約4万キロで、車検時にディーラーでオーバーホールを勧められたそうです。
    が、その言葉の裏に「オーバーホール代+下取りでお乗換えいかがっすか〜」がにじみ出ていたそうです。。
    まぁ、販売店の基本セールストークですわな。
    お預かりして施工前試乗をさせていただいたところ、距離ナリのお疲れ感(低回転でのギクシャクやアクセル開け始めのドンツキ)はありましたがまだまだ元気でした。

    施工前のINバルブとバタフライはこんな感じ



    それぞれ大分汚れとりますね。
    でも異常な状態ではありません。むしろ距離から考えたらまともかと。

    エイヤッとスロボディの洗浄を済ませて、RECS施工直後のバルブを撮影しました



    バルブの写真はスロボディを外さずに撮影したので分かりにくいですが、バルブ裏にミッチリ付いていたカーボンがあらかた消えています。
    この後に、フューエルワンをガソリンに添加して200kmも走行すれば見た目にももっと綺麗になります。
    明日以降に試乗しながら微調整を行って作業は完了です。

    ちなみに、RECSでネットを検索すると4輪車への施工でモクモクと煙を吐き出している動画が良く出てくるのですが、バイクだとこんな感じです。

    丸印の部分を良く見るとに薄っすら青白い煙が出ているのが分かるかと。
    これは構造の差でして、バイクだと2ストスクーターと同程度くらいな煙しか出ません。

    当店でのRECSのみの基本施工料金は
    1気筒 9000円〜
    (50cc4ストスクーター 5000円〜)
    2気筒 12000円〜
    4気筒 15000円〜
    (1000cc以内 溶剤込み)
    となり、一連の作業にはエアエレメントの点検や圧縮圧力の測定、負圧バランスの測定なども含みます

    車種によっては外装の脱着(〜5000円)やインテクマニホールドに負圧取出しが無い場合の加工作業(別途見積り)が上乗せになりますので、お預かりの際に立会いのもとご説明いたします。

    またキャブレターやスロットルボディも同時に洗浄を行うとより効果的ですので、RECS基本料金に
    上乗せで
    1気筒 7000円(ワンボディ)
    2気筒 12000円〜
    4気筒 20000円〜
    (2気筒以上は同調調整込み)
    程度を見てください。

    エンジンオーバーホールとはちょっと目的が異なりますが、街乗りのバイクにおける費用対効果はかなり高いのでオススメですよ。
    目安としては走行距離にして20000km越えくらいで施工すると効果をハッキリと体感できます。
    つまり、汚れがヒドイほど効果的ってことです。

    開けてナンボの当店ですのでRECSを勧めるのは複雑なんですけどね。。


    JUGEMテーマ:車/バイク 

    関連する記事
    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << May 2018 >>

    Sponsor

    Contact

    記事の内容についてや作業のご依頼はinfo@workshop-hrd.comまでお願いします

    facebook



    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM