ことはじめ 初歩の初歩

0
    ビギナー向けコラムってうたってる割に最も初歩のことを書いてなかったですね。。
    サーキットことはじめのことでも。

    突然思い立ってサーキットを走りたい!ってなったら先ず何を用意したら良いのか。
    たぶんツナギとバイク・・・ぐらいはサッと思いつくでしょう。
    では実際には・・・
    ・ツナギ(レーシングスーツと呼ぶとカッコイイ MFJ認定品)
    ・フルフェースのヘルメット(MFJorFIM認定品)
    ・手首より上までの革製グローブ(プロテクター満載が望ましい)
    ・足首より上までの革製ブーツ(同じくプロテクター満載で)
    ・脊椎パッド(胸部プロテクタとヘルメットリムーバも有ると良い)
    ・走行用車両(もちろん街乗りバイクでOK)
    これだけあればとりあえずはミニバイク(カート)コースのフリー走行、ロードコース(筑波やモテギや)での走行会はいけるはずです。
    ただ、コース規定や走行会の規定で資格・条件が指定される場合もあります。
    多いパターンでは
    ・MFJorサーキットライセンスの有無
    ・運転免許証の有無
    ・身分証の提示
    ・親権者の承諾
    などですかね。
    私の場合サーキットデビューは遅かったのですが、マエダコレーシングさん主催の筑波コース2000走行会でした。
    すでに街乗りはしていましたので免許証は持っていましたが、MFJのライセンスは走行会での講習を受けて取得しました。
    結構勘違いされている事が多いのですが、運転免許証は無くともサーキット走行は可能です!
    もちろんサーキットの規定に沿うことが大前提ですが、未成年でもMFJのライセンス取得(親権者の承諾必須)だって出来ますし、ライセンス区分が満たされていればレース出場だって出来ます。
    言うまでもありませんが、フラッグ遵守、サーキットマナー・ルール厳守は当たり前ですがね。

    ま、資格・条件は置いておくとして装備品を買い揃えるとなるとブッチャケいくら位かかるのか?
    某Yオクをフル活用してとりあえずの品で揃えるとすると・・・
    見た目、多少のサイズズレは気にしない。。破れはダメ!ですが、
    ・レーシングスーツ 〜数万円
    ・グローブ 〜1万円
    ・ブーツ 数千円〜 (ツーリングブーツ、長靴はダメ)
    ・脊椎パッド 〜数千円
    といったところですかね。
    ヘルメットに関しては絶対妥協しないでください。こればかりは新品の認定品を使いましょう。
    初めて走る、しかもその後に数回行くのかも分からない趣味に10万円近いお金を投入することは難しいかもしれませんね。
    そんなときは桶川スポーツランドのつなぎ無しテストライドなど、サーキットによって開催される体験走行を利用してみては?
    フリー走行のように思う存分とは行きませんが雰囲気は味わえると思います。


    サーキットラン(モータースポーツ)はゴルフや釣りのように入り口はリーズナブルにと行かない趣味ですが、バイクで走る楽しみを十二分に味わうためには絶好の場所です。
    一瞬でも興味を惹かれたなら、是非とも一度は味わってくださいね〜


    JUGEMテーマ:車/バイク 


    calendar

    S M T W T F S
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << January 2018 >>

    Sponsor

    Contact

    記事の内容についてや作業のご依頼はinfo@workshop-hrd.comまでお願いします

    facebook



    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM