養生してます

0
    年が明けて本格的に冷え込んできましたねぇ。
    こんなときは人もバイクも春に向けて力(お肉ではなく。。)を蓄えないとです。


    CBR600RRがオーナーの元に戻り、今度はDE耐でお世話になっているお方のM1000が入庫しております。
    オーナーさんは例年なら寒さをものともしないオールシーズンライダーなのですが、今年は事情によりしばしのお休み期間となっており愛車もじっくりメンテナンスとなりました。

    車検を通した後に街中を試乗させていただくと、なんとなくフロントの動きが重く旋回軸が低く感じます。
    交差点での右左折でセルフステアが出にくく意識して曲げなければならずぎこちない感じ・・・
    オーリンズの美点である猫足が消えています。

    オーナーさんからは「気が付いたところはやっちゃって!」のお墨付きを頂いているので早速バラします。(なんて小心者の私はメールで予告しつつですが

    でもってこんな具合でした。

    カートリッジ内から出てきたフォークオイルは真っ黒け〜

    バルブもスラッジまみれ(左はクリーニング済み)でした。

    オーリンズR&Tフォークは、カートリッジまでほぼ全バラまで分解できるので隅々まで洗浄し、ついでにピストンのバリを取って組みなおします。

    意図的にだと思いますが油面が低めに組んでありました。(チョット残念なことに左右の油面高さがずれてましたが・・・)
    これによりSAGがチョット大きめ(35mmほどありました)になっていたことが旋回軸が低く感じた原因のようです。
    油面を上げてSAGを減らしつつ、フォークのセット高さを調整して車勢を変えずにストロークを増してみます。
    試乗してみて狙い通りになっていれば良いなぁと。


    JUGEMテーマ:車/バイク


    calendar

    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << July 2018 >>

    Sponsor

    Contact

    記事の内容についてや作業のご依頼はinfo@workshop-hrd.comまでお願いします

    facebook



    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM