論より証拠

0
    前出のSRX400ネタですが、SOHCさんの89.5mmピストン組み込みが完了しました。

    もうね。
    すばらしいです。
    お話を伺っていた段階でスゲーのが出来て来るだろうと思っていましたが想像以上です。
    スリーブもすごいことになってます。。
    ビフォー

    アフター


    ノーマル比で50グラムほど軽くなったことにも驚きましたが、なによりピストンヘッド周りの肉厚の薄さ。(実はまだ薄くできるそうです)
    いやはやすごいのなんの。

    組み上げ後の試乗では4000rpmそこそこまでの慣らし走行ではありましたが、それでもピストンの軽さとバランスの良さがよくわかります。
    雑振動もほぼ無くなっており、シングル特有のパルス感のみが伝わってきます。
    いやぁ、すぐにでも全開にしたいところですがガマンガマン。。
    たぶん4000から先もギュイーンっと伸びる特性のエンジンになってるようです。是非ともハイカム入れたいですね。
    600との比較として、ショートストロークなぶんアクセルへのツキが良いので常用域でも面白いエンジンですね。これは600のチューンドエンジンよりフレンドリーで楽しいかも。
    今回の車両ではお客様の希望で11.5:1の圧縮比設定で作ってもらい、ピストン単体重量は実測で287グラムだったのですが、11:1設定だとピストントップを削り込むためさらに10グラム程度軽くなるようです。
    圧縮比は稼ぎたいところですが、むしろ11:1設定のほうがよりレスポンスの良いエンジンになりそうですね。
    リスク覚悟でガスケットor燃焼室に細工して圧縮を上げて・・・なんて妄想しちゃいます。。
    このピストンが限定生産とは実に惜しいです・・・
    詳しくはSOHCさんまでどうぞ。


    ポチッとよろしくお願いします!
    人気ブログランキングへ

    関連する記事

      calendar

      S M T W T F S
          123
      45678910
      11121314151617
      18192021222324
      25262728   
      << February 2018 >>

      Sponsor

      Contact

      記事の内容についてや作業のご依頼はinfo@workshop-hrd.comまでお願いします

      facebook



      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM