ヒーローしのいM&M耐久

0
    今年から始まったヒーローしのいM&M耐久も10月4日の最終戦を残すばかりとなりました。
    ミニバイクでの耐久レースとしてはフレンドリーでレース経験の浅いライダーでも十分に楽しめます。
    私のヨメもDE耐前の経験値稼ぎに走らせて頂き楽しんでいました。かく言う私も第3戦で走らせていただきタップリ楽しめました。
    車両のレベルもさまざまで仲間内で楽しむためのレースとしても、長いストレートを使ったDE耐や耐久茶屋などロードコースのシミュレーションとしても最適です。
    最終戦は当店も可能な限り車両を投入してお祭りレースが出来ればなんて考えています。
    あと2ヶ月ほどありますので準備期間も十分にあります。
    皆様一緒に楽しみませんか?

    max10group

    ポチッとよろしくお願いします!
    人気ブログランキングへ

    ヒーローしのい M&Mミニ4時間耐久 第3戦 結果速報

    0
      心配していた天候は、多少の雨がパラつく時間帯もありましたが薄曇で気温も走行に適した最高のコンディションのままゴール時間を迎える事が出来ました。
      結果は当店ワークスチームは新規参加のT選手も含めて3人のライダーがしっかりマシーンを繋いで無事に1位フィニッシュ。私と嫁さんを含むシニアチームが総合5位のクラス2位でフィニッシュとなりました。
      私が余計な事(チームでタダ一人転倒しました)をしなければ両クラス1位だったのですが、、最後の10分間に奇跡の巻き返しを狙って投入した三橋選手の鬼神の追い上げも届かず1ラップ差での2位でした。

      監督代行&ピットサポートを務めていただいたあっちゃん、Uパパさん、Iパパさんありがとうございました!
      チームオーダーで乗車時間を短縮してしまったTさん済みませんでした。
      って、よそ見してコケるヤツはピットで大人しくしときます。。

      ポチッとな!
      人気ブログランキングへ

      明日はヒーローしのい第3戦

      0
        メインチーム(XR−ES)はレギュラーメンバーのU君、I氏に加えて更なる期待のライダーが乗ってくれる事になりました。
        全員が揃ってのテスト走行は1度きりとなってしまい、しかもニューフェイスのライダーは桶川を数十分乗っただけでの本番となってしまいました。
        それでも初乗りで桶川新コース45秒中盤を叩きだしていますので心配は無いでしょう。
        むしろバイク側のキャブセットを変えたことの影響が見切れておらず、こちらの方が心配です。

        しかも今回は成り行きで私もヨメさん号(NSR-F)でエントリーしてしまったために、ピットサポートが行き届くか心配だったりします。。

        ポチッとな!
        人気ブログランキングへ

        ヒーローしのい M&Mミニ4時間耐久 第2戦 結果速報

        0
          トラブルもなく無事に優勝することが出来ました。レース全体としてもSC介入はあったものの赤旗中断になるほどの事もなくスムーズな進行で楽しい一日となりました。
          圧縮を落としたエンジンも狙い通り扱い易くなり、ライダー全員が楽しんで乗ることが出来るようになっていました。
          今週はDE耐関連で手一杯のため詳細はそのうち。。

          優勝のメダルです。(メンバー全員で美味しく頂きました)

          手作り感満点でこういうの嬉しいですよね。
          草レースは楽しいのが一番!ですから。

          ポチッとな!
          人気ブログランキングへ

          ヒーローしのい M&Mミニ4時間耐久 第2戦

          0
            10日の日曜日はM&Mミニ耐久の第2戦です。
            第1戦は雨にやられましたが今度は天候の心配はなさそうです。
            ただ走行時間が4時間になった事で燃費の悪いXR-ESは給油回数が増える事になるため綿密な作戦が必要になります。
            そこは耐久バカの私です。既にシミュレーション済みで後は皮算用どおりに事が進んでくれる事を願うばかりです。。
            今回はこれまで気難しい所のあったエンジンをライダー全員が扱い易くなるよう腰下まで手を入れ万全の体制を整えました。
            翌週のDE耐に向けて弾みをつけるためにも2勝目が獲れるよう頑張ります!

            ポチッとな!
            人気ブログランキングへ

            ヒーローしのい M&Mミニ3時間耐久 (本編3)

            0
              だいぶ引っ張ったM&M耐久レースレポートもこれで最終回です。

              いよいよレーススタートです。

              耐久では恒例のル・マン式。緊張のせいか U 選手回りこんで乗り込んでました。。


              ゆえにこんな感じ。。。

              しかしホームに戻ってくる頃には3番手に浮上。2周目にはカムイさんの第1ライダーとトップ争いを始めます。
              路面は雨が止んでいる為に水がはけていく状況、タイヤやばいです・・・
              ただスタート前に48秒アベレージ走行でとの指示を出していたこともありブッチギリモードには入らず、バックマーカーの影響で順位を入れ替えつつ周回を続ける状態です。

              路面がよくなり始めているとは言え、スタートから15分経過したあたりで赤旗掲示。
              転倒した車両を回収するための赤旗でした。このあたりから再び雨が降り始めました。
              回収作業が終わり、マーシャルバイクを先頭にコースインしてフォーメーションラップ1周の後に再スタート。

              リスタート5分もしないうちに再びの赤旗です・・・
              今回はピットロード上でしばらくまたされます。おそらく路面の確認作業も行われているのでしょう。
              幾ら雨とは言えチョット転倒車が多すぎます。
              その後5分程度の待機の後に2周のフォーメーションラップをしてリスタート。
              モニターで確認すると、この時点で後続に2周のリードをつけていました。このままリードを縮めることなく無事に走りきるだけで十分です。
              U 選手は淡々と危なげなく持ち時間分の走行をこなし、第2ライダーの H 選手にバイクを渡します。

              H 選手の走行順で雨がいよいよ本降りになり、中古BSレインにとって格好の路面状態になりました。
              が、ココでteamロッソの R 選手(私のかみさん)がS字で転倒しているとの情報が。。
              3度目の赤旗か?と思っていると黄旗で軽トラが介入してドナドナされてきました。
              損傷は大した事なさそうで、サインボード係の私に代わって、ライダー交代を済ませていた N 選手(旦那)がシフトペダルの修復作業を行ってくれました。(ありがとうございました!)
              その間も H 選手はイブシ銀の走りで時間を消化していきます。後続のカムイさんへのリードは5ラップに広がっていました。
              H 選手の走行時間残り10分ほどで再びカムイさんは第1ライダーを投入。しかし、この時点でのビハインドと本降りの雨からか大きくラップタイムを上げてくることなく、守りの走りに徹している様子です。
              無事に持ち時間を走りきった H 選手にPサインを出し、 I 選手への交代となります。念のために給油を行い、コースへと送り出します。
              先ほど交代した H 選手が気を使ってサインボード係を代わってくれました。
              応援に駆けつけていた U 選手のお父さんとレストハウスで遅い昼食を頂きます。レストハウスはコースサイドにあるものの、コンクリートブロックの切れ目から一瞬通り過ぎるバイクが見える程度。
              それでも排気音は聞こえてきます。
              お父さんとレース展開について話をしながらカップめんをすすり通り過ぎるバイクの音を聞いていたのですが、本降り状態のため殆どのバイクがドライに対して一段低い排気音と思える音で通り過ぎていきます。んが、 I 選手はドライ走行と変わり無いような高い排気音で通り過ぎていきます。
              やっぱり流石です。
              お父さんは「タイヤ大丈夫ですかねぇ」と苦笑気味。。
              10分ほど休憩して、モニターで状況を確認するとリードは7周に広がっていました。
              時間にして約5分はあります。

              その後も危なげなく(実は危なげあったようですが。。)時間を消化し、残り30分で再び U 選手にXR−ESを託します。
              転倒でも無い限り、ひっくり返る事は無いリードですから52秒アベレージまでタイムを落として良いとの指示を出してコースに送り出します。

              15分前から5分間隔でサインボードを出してカウントダウンをしたのですが、残り5分のサインを出すとラップタイムが2秒上がり49秒台に。。
              気持ちに素直すぎだってば。。。
              そしていよいよ3時間の戦いに幕が・・・

              ガッツポーズしても良いんだぞ〜


              総ラップ数185ラップ、クラスのみならず総合でもブッチギリの優勝です。転倒を含めレース中のトラブルは一切なく無事に走りきれた事、何より U 選手のトータル90分に及ぶ頑張りが大きな勝因でしょう。
              お疲れ様!そしておめでとう!

              後日談
              写真をなくしてしまったのですが、、ゴール後の中古BSレインはリアの右側がほぼ丸ボーズでした。これでよく最後の最後でラップが上がったものです。。


              Teamロッソの皆様
              A 選手 1人ぶっ通し90分耐久お疲れ様でした!

              H 選手 上位クラスを喰う走り熱かった♪

              R 選手 ピットからル・マン式大変だったね。。


              Team 3/4
              N 選手(旦那) 二日酔いだけど不屈の闘志お見事でした!

              Y 選手 フードをなびかせての疾走カッコよかったです!

              N 選手(新妻) 無事走り切りホッとしました。早く骨をくっ付けて下さいね!


              転倒ハットトリックも有りつつでしたが、皆様無事に完走できて何よりでした。
              次回5月10日は4時間になるようですが、年間チャンプに向けてより一層頑張りますよぉ!
              そしてロッソ&3/4の皆様はDE耐が待っていますね。何はともあれ良いレースにしましょう!

              ポチッとな!
              人気ブログランキングへ

              ヒーローしのい M&Mミニ3時間耐久 (本編2)

              0
                レース本番の朝。
                淡い期待は裏切られ、早朝から空は思いっきりどんよりしてます。。
                でもまぁ、雨は夕方ごろからなはずだし、レース終了までどうにか持ってくれればよいでしょう。

                って、早くも10時過ぎの段階でポツポツときました・・・
                午前中は大型バイクとミニバイクの走行が交互にあり、レースが行われるミニバイクは午前中最後(11時過ぎ)の走行枠の後半10分が予選計測に当てられます。
                念のために予選に備えてお守り代わりに借りてきたレインタイヤをスペアホイールに履かせます。
                でもこのレインタイヤは製造年は2年前で、しかも1年前に一度使った物なんです。。。
                だって、お守りのつもりだったんです。本気で。。
                タイヤ交換をしている私を見て、 I 選手、 H 選手は微妙な表情。雨なら中止だよね?ってオーラーがにじみ出ているのが判ります。
                とは言え、この時点で雨は霧雨くらいの状態で、レースまで微妙に持ちそうな気配もあります。
                最悪は予選だけでもクリアできればと思っての準備作業です。私とて雨の中ライダーを送り出すのは忍びないのですよ。
                なんて思って作業していると、願いもむなしく本降りの雨。
                む〜・・・

                結局、11時には本降りとなり路面は完全にウエット。でも主催者からは中止のアナウンスはありません。
                中止の条件について確認すると、本降りの雨だと1コーナーが川になるそうで、、川が出たら中止なのだそうです。(更に判った事ですが、斜面から土砂が流れ込むまでは続行だとか)
                なんだかなぁ、エントリー用紙には「ドライ走行開催」って大きく書いてあったのに・・・
                ピットを見回してもレインタイヤを用意しているチームはウチを入れても全チーム(25台?)中3、4チーム程度。17インチを含め大半はドライタイヤです。
                荒れそうな予感がします。

                そして予選スタートです。

                OrangeWorks 様より拝借

                やはり予想通り転倒する車両がちらほらと。
                そんな中でもアタッカーの U 選手は順調にラップを重ね、早い時点に暫定ポールとなる46秒台のタイムを叩きだします。
                後続とは2秒以上の差があるため、このまま終ってもよいのですがピットから見る限りアグレッシブにタイムを詰めようとしていることが判ります。
                そして、1コーナーの進入で他車を抜きに掛かり、立ち上がりでアクセルを開けた瞬間そのままスリップダウン!したそうです・・・
                なぜ「したそうです」なのかと言うと、実は別チームのteam3/4の N さん(旦那)、team ロッソの H さんと相次いで転倒してピットに戻ってきており、修復作業中の出来事だったんです。
                HRD、見事にハットトリック達成です(涙)
                幸いな事に3台ともダメージは軽く、ハンドルやペダル曲がりくらいなものでパーツ交換の必要も無く済みました。

                U 選手転倒後、数分で予選時間終了。 U 選手はコースサイドを一生懸命ピットに戻ろうとバイクを押して歩いていました。途中マーシャルの方か参加選手のどなたかに押しがけを手伝ってもらい(ありがとうございました!)どうにか自走してピットに向かって走り出しました。
                ピットロード入り口で待ち構えていると、フラフラと戻ってくる U 選手の姿が。
                ピットロードに入ったところで車両を受け取ると、小さな声で「すみませんでした・・・」息でシールドが曇り気味のため表情が読み取れないために、景気付けに、「転んだら何て言うの!」と返すと、「・・・すみませんでした・・・」涙声です。。
                まぁポールタイムを出したのだし、なぜ転んだのかの確認は I 選手、 H 選手に任せます。
                でもその涙はビビリ涙だけではなく悔し涙であることが判ります。だからそれ以上は私も何も言いません。
                U 選手は今年から高校に通うジュニアライダーですが、一端のライダーとしてHRDに迎え入れたのですからね。
                ムダに追い込んでも意味はありませんから。

                ピットに戻り、マシーンの損傷箇所を確認してすぐさま修復作業に入ります。ヘルメットを脱いだ U 選手が戻ってきたので身体のダメージの確認をして、インプレッションをもらいます。
                XR−ESですが、これまで防水対策が不十分な事も含め雨天走行を行ってなかったためウェットでのセッティングデータがなく、扱い難いのではないかと心配していましたが、バイクは乗りやすいとの事。
                タイヤ交換時に前後共に動くようにブッツケでサスセッティングを変えたのですが大体当ったようです。

                予選の終了と共に雨脚が弱くなり始めました。ヤレヤレ。ウチのレインタイヤはBSの中古です。
                このまま雨があがってしまうと3時間なんてとても持ちません。
                むしろ弱くても降り続いて欲しいところなのですが・・・


                Teamロッソ K さんより拝借

                そうそう、予選中に転倒してしまった N (旦那)さん。やっぱり二日酔いだったそうです。。。でも奥様はピンピンしてました。
                そのうえ転倒で後頭部を強打・・・
                本番は大丈夫なのか??

                その3へ続く

                ポチッとな!
                人気ブログランキングへ

                ヒーローしのい M&Mミニ3時間耐久 (本編1)

                0
                  今年からMax10group&モトストレッタ主催で始まったヒーローしのいM&Mミニ3時間耐久に参戦しました。

                  レースの開催場所となったヒーローしのいサーキットはこれまで貸しきり以外、4輪専用コースとして営業しているために、2輪走行に関しては全くと言ってもよいほど情報が無いんです。。
                  もちろんファイナルのセットは見当もつかず、レイアウト図からアベレージは桶川新コースと筑波の中間程度かな?と想像して設定、ラップタイムは桶川新コースと同等程度だろうと。
                  レースは年4戦のシリーズ戦で開催され、初年度チャンピオンを密か?に狙っているので、前日入りで確認しない事には勝負にならんと、ライダー3人と共に1泊2日の合宿体制と相成りました。

                  フリー走行の土曜日は穏やかに晴れてテスト走行日和。気合をいれてゲートオープン前に到着。にも関わらず既に先客が。。
                  いつもはMax10主催レースや筑波TTにドゥカティで参戦されている方でした。このお方の会社には某チーム所属の現役全日本ライダーが就職されたとかで、この日も一緒に来てました。

                  オープン直後にコースを歩いてロケハン。さすがは4輪コース、ランオフエリアが殆どなくおまけにコースサイドは一部コンクリート壁になっており、、相当にスリリングです。
                  レイアウトもニュルブルクリンクの南コースを小さくしたような感じ?で、
                  しかもコントロールタワー付近を底にして、すり鉢状にコース奥に向かって上っていくのですが、これがかなりの勾配でライダーも私もビビリました。
                  ただ設備面ではレストハウスやピットスペースがしっかりしており、雰囲気のあるサーキットなので、チョットずつ2輪向けの改修をしてもらえたら嬉しいなぁと思いました。

                  ビビっていても仕方が無いので早速XR100エンデュランススペシャルをピットに下ろし、記念に一枚。

                  なにがエンデュランスなのかと言うと、ビッグタンクなんです!(えばるほどではないですね。。)
                  エンジンや車体はスプリントスペシャルのままですが、8リッター積めるサイズにまで拡大したのでサスペンションのセッティングは変更しています。

                  テキパキと準備を済ませ余裕を持って2本目から走行を開始しました。
                  先ずはXR−SSの開発&エースライダーの I 選手に様子を見てもらう事に。当初は45秒台ペースでラップ、コースのチェックとファイナルのチェック、ブレーキポイントの修正を行いながら徐々にペースアップ。41秒前後での周回に入り、走行時間残り5分程度からアタック開始。
                  周回ごとにコンマ5秒のタイムアップ、40.5秒、40.0秒、39.9秒、39.6秒、40.0秒・・・走行終了となりました。
                  走行時間の後半は気持ち良さそうに走っていたので感触は良さそうです。
                  彼とはまだ4年程度の付き合いなのですが、不思議とコースサイドから見ているだけでも何を考えているのかが伝わってくるんです。
                  インプレを聞くと、開口一番「楽しい!」でした。。朝一はビビってたんですけどね。。
                  その後、これからのエース U 選手、パイプ役 H 選手と走行を重ね、それぞれが役割に応じたタイムを記録。
                  初コースでもあり、事前の桶川テストで転倒した事もありで、かなり緊張していたU選手も走行後はリラックスして楽しそうでした。
                  かく言う私もコースサイドで各ライダーの走行を見ながら緊張で喉がカラカラになっていたんです。
                  初サーキットではメカニックだって緊張するんですよ。
                  とはいえ、無事にトラブルなく予定の走行&テストをこなすことが出来、最後の走行が終った時には私も緊張から解放され心地よい脱力感に包まれました。
                  久しぶりに心からサーキットを楽しめた一日でした。


                  SP12仕様の愛車で42秒台を楽々叩き出した H 選手
                  さすがです。


                  「カッコイイ!!」と U 選手 ん??


                  振り返ると I 選手に踏まれかけてました



                  パドックでタイヤ交換などなど本番に向けたメンテを一通り終らせ一路宇都宮市内のホテルへ。
                  チェックインを済ませて一息ついているとteam3/4のN夫妻から電話が。
                  お二人ともレースに出場予定のため前日入りしており、同じホテルに泊まっているので夕御飯をご一緒する事になりました。
                  私以外はほぼ初対面だったためにどうなるものかと思っていたものの、そんな心配はどこ吹く風。
                  お酒が入るとそこは同じライダー同士(?)予想外に話が盛り上がって、宇都宮の韓国料理屋さんで大騒ぎの夜となりました。。
                  予想以上に盛り上がったためにホテルに戻った頃には11時を回っていました。それにしてもN夫妻は焼酎を結構飲んでたけど明日は大丈夫なのかいな。。そして雨予報の出ている天気はもってくれるのか?そんな不安と共に宇都宮の夜は更けていきます・・・


                  足からモゲてしまって話題?になった餃子像です。足のクラックは接着剤(見た感じジーナスと思われ)で補修されてました。

                  その2へ続く・・・

                  ポチッとな!
                  人気ブログランキングへ

                  1

                  calendar

                  S M T W T F S
                     1234
                  567891011
                  12131415161718
                  19202122232425
                  2627282930  
                  << November 2017 >>

                  Sponsor

                  Contact

                  記事の内容についてや作業のご依頼はinfo@workshop-hrd.comまでお願いします

                  facebook



                  selected entries

                  categories

                  archives

                  recent comment

                  links

                  profile

                  search this site.

                  others

                  mobile

                  qrcode

                  powered

                  無料ブログ作成サービス JUGEM