良くがんばりました

0
    テストでどうしてもXR系フレームが必要になり、去年末にエンジンを下ろして寝かせていたXR100SSのフレームを久しぶりに引っ張り出したところ・・・

    仮固定のために点付けしてますが見事にポッキリです。

    全国大会後の整備時には無かったクラック(というよりほぼ骨折してます)ですが、内部的には疲労のピークに達していたのでしょうね。
    テストエンジンを載せてマウントを締め込んだら逝ってしまったようです。

    ノーマルフレームの設計強度を超えて頑張ってくれていたのですね。
    ありがとうXR100SS。


    ポチッとよろしくお願いします!
    人気ブログランキングへ

    ライスポカップ全国大会 決勝

    0
      軽く燃え尽き気味なので、、簡潔に。
      ここで出し切ってしまうと月末の耐久茶屋までメンタルが持ちそうに無いので。。。

      4st-OPEN 井上 均選手 予選2位 決勝3位
      決勝中にベスト更新となる41.5を記録し、十分な結果を残せました。
      スタートで沈みタクミ君、安田選手を追い切れなかった悔しさはあるものの後続を引き離しての走りは今まで一番格好良かった!

      SP12A 濱渦 陽選手 予選9位 決勝18位
      さすがに猛者揃いのクラスは厳しかった・・・でも終盤でコースアウトを喫し最後尾まで落ちるも巻き返しての18位。諦めず喰らい付いていく気持ちの強さ最高です!

      SP12B 青木健太郎 予選4位 決勝6位
      A決勝進出をかけて望んだ決勝は悔しさの残る展開でしたが、それでも上位を追い続けるポジティブさに心の熱さを感じました。
      場所取りモロモロありがとうございました!

      当日応援してくださった皆様、ヘルプしてくださった皆様、心より感謝いたしております。
      ありがとうございました!


      ポチッとよろしくお願いします!
      人気ブログランキングへ

      予選終了

      0
        土壇場でやらかしました。(泣
        予選一本目、コースインはしたものの、エンジンがバラバラと。。。
        直前のメンテで手を入れたところの全てを頭の中で思い出し、キャブのジェット脱落か?とバラすもハズレ。
        プラグを抜いてクランキングをしてみるも異常な抵抗感は無し。
        それじゃあと前科者のCDIを予備に交換するもハズレ。
        ふとCDIのそばにあるアースポイントを見ると、2本挟み込んでいたクワガタが浮いているじゃないですか・・・
        締め付けなおしてエンジン始動。気持ち良〜く吹けます。
        はぁぁぁぁ。。。。

        言い訳をしますが、いや言い訳にもならないですがメンテ中に完全に見落としていました。通常は緩める事の無いボルトだったので完璧に見逃していたんです。やっちまいました・・・

        2本目までの待ち時間、私もキンちゃん(I氏のことです)もバカ話はしつつもドヨ〜ンっと・・・

        大緊張?の2本目は快調にペースアップしていき、ベストは41.750。テスト時のベストタイムを記録して2番手タイムで時間終了。
        タクミ君は40.895。
        数字的な結果は悪くなかったものの、キンちゃんはほぼベストを出していながらも、失敗した・・・と入れ込み状態、私はともかくマシーンが走ってくれてタイムもほぼベストが出て安堵。だいぶ温度差のある二人ですから会話が噛合わない事。。
        そんな中、H氏は冷静にキンちゃんにアドバイスを出し、彼もようやく落ち着きを取り戻してようやく緊張がほぐれました。
        今回に限らず初っ端に出たトラブルほどメンタル的に尾を引くものですから何とか悪い流れを断ち切ることが出来て一安心です。

        そしてスーパーポールは上位4台が逆順で1台ずつ走行し、アタックラップ1周のタイムで競います。
        先ずはAPEの大御所野口さん、予選中の転倒をものともせず42.466を記録。続いて格スペを駆る安田選手が42.398。
        そしてキンちゃんがコースイン。ワタクシ心臓バクバクです。タイムは42.287。何とか安田さんを抑えて暫定トップ。
        ま、言うまでも無いですが、、、、タクミ君が41.365で順位入れ替え無しで終了となりました。

        いやぁ、疲れました。初っ端のチョンボがなければこんなにド緊張する事もなかったはずですが、ともかく後を引くトラブル無しで無事に予選を終れて何よりです。
        明日はもう燃え尽きられるよう全力で行くしかないっスね。

        詳細な結果はこちらをどうぞ
        予選リザルト
        予選レポート


        ポチッとよろしくお願いします!
        人気ブログランキングへ

        全国大会 最終テスト

        0
          昨日の日曜日、本番前の最後のテスト走行に行ってきました。
          場内は出店も出てレースウイークを感じる賑わい。

          車両を降ろして準備をしているところに、自転車通勤?のタクミ君登場。彼は自宅から桶川まで約40kmの道のりを自転車で通っています。
          いやはや大したもんです。
          で、朝一から強烈な先制パンチをもらいました・・・
          は)タイムどのくらい出てるの?
          タ)40・・・です
          は)マヂ・・・
          出してくるとは思っていましたが、この時点でウチと2秒近い差です。
          I氏も軽く落ち込んでました。。

          ま、二人して落ちてても仕方が無いので前回のテストからの変更点を伝えて1本目の走行開始。
          コンスタントに42秒前半のタイムが出ていますが、車体に違和感を感じるとの事。状況を聞く限り組みなおした部分の馴染みが出ていない様子なので説明して当りをつけてもらう事にしました。
          走行後に打ち合わせ。
          微調整したファイナルのセット(2.500)は良いものの、足回りに関しては違和感が残っているため組み直しを行う事に。
          キャブセットも問題となる症状が消えていないため見直しです。

          2本目、足回りは徐々によくなっているもののキャブの症状は消えていないので微調整をして走行を続けてもらいます。
          タイムは41.8、41.7が立て続けに出て走行終了。この時点でタクミ君とのタイム差は1秒以内になり、I氏もようやく手ごたえを感じたようです。

          午前走行の最後となる3本目はもう一度変更を行ったキャブセットの確認をしてもらいましたが、問題の症状は消えたもののパワーフィールが悪くなってしまいました・・・
          ミッションのフィーリングもあまり良くないためテストはこれで終了。
          後は本番当日に詰めるのみですね。
          何とか形になってきたものの、もうあとはライダーにお任せするのみです。

          そうそう、ELFプロジェクトのまっしゅさんも走行してました。
          面識は無いのですが、偶然拝見したブログでエントリーについて悩まれていた様子でしたが、意を決されたのですね。
          だって、祭りですから。地元の関東勢が盛り上がらなくてどうするか!って思ってI氏を口説き落とした私としてはただただ嬉しいです。

          正直に言って私もカツカツです。だからこそ気張って、イベントを盛り上げなければならないんじゃないかって思い込んでます。(でないとめげそうなので。。)
          最高のライダー、最高のマシーンの饗宴を是非とも見に来てくださいね!



          ポチッとよろしくお願いします!
          人気ブログランキングへ

          イマイチつかめない?

          0
            全国大会に向けて一昨日の日曜日と本日XR−SSの調整に桶川に行ってきました。
            既にコースレイアウトは”粋なコース”(前半が旧、後半が新)となっており本番想定での走行です。
            目的はしのいM&Mで疲れの溜まったエンジンをOHしたのでその調整作業と、SSの証しFCR33の再セッティング、ファイナルの設定と車体バランスの確認、ニューパーツのテスト(まだ秘密です)と盛りだくさん。。


            この”粋なコース”ライダーにとってはナカナカ難物なようで、走りこんでいるライダーほど最終コーナー(9の左から右)の立ち上がりから1コーナーへのリズムが頭と身体で一致するまでに時間がかかるようです。
            これは地元の利とは行かないようですね。
            しかもこれまでに”粋なコース”でのレース開催は少なく、近年のリザルトが見当たらないため4st-Openのレースペースが全くわかりません。。
            いまのところI氏はセッティング途上で42〜43秒台の周回を見せていますが、ガチンコペースについては本人も未知数のよう・・・
            私の予想では新コースレイアウトから−2秒±αとみていますが、本番ペースがどうなるかはフタを開けてみない事にはって感じです。

            ちなみにXR−SSのファイナルのセットは減速比で現在2.529です。
            もちろんトップギアの設定やエンジン特性でベストは違いますがオープンクラスの車両の参考になればと。(参考になるかい!って言わないでください。。)


            ポチッとよろしくお願いします!
            人気ブログランキングへ

            ライディングスポーツ全国大会"All Japan Road Mini"

            0

              いよいよ、11月7日・8日の二日にわたって開催されるライスポ杯全国大会まで3週間を切りました。
              ミニバイクの世界でも4stへの移行が進んでいますが、まだまだ2stクラスのエントリー数が大多数ですね。
              それでもSP100については徐々にエントリーが増えてきており、今後の展開に期待が持てそうです。
              その中で4st改造クラスのオープンとなると、現時点で8台と寂しい限りです・・・
              たぶん、鈴鹿のビッグレースから3週間後で、更には筑波の耐久茶屋を月末に控えていることもあって有力方がエントリーしにくい事もあるのでしょうね。(期待を込めて)

              メカニックとしてはSTやSPのノーマルエンジンから潜在能力を如何にして引き出すか思案することも面白いのですが、考えつくしたモディファイを施して最大限のパフォーマンスを引き出すオープンエンジンは物造りとして楽しいですね。
              世間の景気はいまだ超低空飛行ですので幾らかなりともコストのかかるレースカテゴリーが敬遠されてしまう事は致し方ないのですが、SPカテゴリーには無いMOTO-GP的な圧倒的パフォーマンスを競い合うカテゴリーが途絶えつつある事は何だか寂しいです。
              とは言え、XR-SSも参戦いたします。11月7日・8日の予定が決まっていない皆様、是非ともエキスパートライダー達の息詰まるバトルを観戦に来てください!


              ポチッとよろしくお願いします!
              人気ブログランキングへ

              ヒーローしのい M&Mミニ3時間耐久 (速報)

              0
                中止になるほどではなかったので雨の中のレースとなりました。
                今日は疲れているので写真だけ。。

                エースライダー右京君と優勝の盾



                ポチッとな!
                人気ブログランキングへ

                今週末

                0
                  22日の日曜日にヒーローしのいサーキットで行われるM&M耐久レースに出走予定です。
                  これまで走行したことも訪れた事も無いサーキットなのでライダーも私も不安を抱えてドキドキしています。
                  ただ桶川の旧コースでテストを行い、大幅な改修作業をしなくとも予想よりも良い燃費で39秒台でのアベレージ走行が可能な事が判りました。
                  週末は土曜日の前日走行枠から現地入りしてファイナルのセットと燃費データの確認を行います。
                  けれども本番は雨だと中止になるんです。。
                  う〜ん、、ここ数日の晴れが日曜日に動いてくれれば良いのに・・・

                  嬉しくも複雑

                  0
                    昨日は桶川スポーツランドで09DE耐参戦予定のお客様方々、桶川ライスポカップ参戦のお客様方々と走行に行ってきました。
                    集まった車両はXR100モタード、ドリーム50改100、NSF100X2台に、当店のXR100SS、NSR−FとSP12の方が1台と大所帯となりました。
                    強風と低温の中トラブルもなく一日楽しく過ごすことが出来ました。

                    そんななか、昨シーズンのライスポカップSP12エキスパートクラスに参戦していたジュニアライダーの右京君と昨シーズンの4ST−OPENクラスチャンピオンの匠生君の二人がXR100SSに乗車してくれる機会に恵まれました。
                    右京君は以前から機会があれば乗ってよと誘っていたのですが、匠生君についてはたまたま当日居合わせ、軽いノリで御父さんに乗ってみますか?と誘ったところ快諾のサプライズでした。
                    右京君は4スト初乗りだったため、本人見守る御父さんもドキドキでしたが1本目は笑顔で楽しかったと思いのほか良い感触。
                    セッティング変更無しの車体、レブリミットを1000回転引き下げたエンジン、走行車両が30台をゆうに越える混雑状態にもかかわらず2本目の走行では44.8秒を叩き出すほどの順応性を見せてくれました。
                    これには私も専属ライダーの井上氏も、御父さんもビックリでした。
                    続いて1本だけ乗ってもらった匠生君はコースイン3周目にして44.6秒を軽く記録、その後もクリアを狙いながら44〜45秒台での周回を続け44.1を2度も叩き出す実力を見せ付けてくれました。(どうやら3秒台を狙っていたようです)
                    これには去年ライバル視して戦ってきた井上氏も私もただただ脱帽。。
                    それこそ右京君、匠生君合わせでファイナルと車体をセッティングしてレブリミットを決勝モードの13500にしていたらとか、せめてタイヤをニュータイヤに・・・なんて思ってしまうのはメカニックの性ですね。

                    匠生君の乗車に関しては井上氏と共に素直に嬉しかったです。
                    これだけのキッズライダーを向こうに回して戦ってきたシーズンの労をライバルの匠生君自らのライディングで労って貰えたようなコソバユイ感じです。
                    右京君はこれからだからね♪今シーズン一緒に頑張ろう!!

                    1

                    calendar

                    S M T W T F S
                         12
                    3456789
                    10111213141516
                    17181920212223
                    24252627282930
                    << September 2017 >>

                    Sponsor

                    Contact

                    記事の内容についてや作業のご依頼はinfo@workshop-hrd.comまでお願いします

                    facebook



                    selected entries

                    categories

                    archives

                    recent comment

                    links

                    profile

                    search this site.

                    others

                    mobile

                    qrcode

                    powered

                    無料ブログ作成サービス JUGEM